本場静岡から美味しいお茶を産地直送でお届けするお茶通販のお店

いいお茶ドットコム > 粉末緑茶はこんなお茶

粉末緑茶はこんなお茶

粉末緑茶

簡単・美味しい・体にいい!粉末緑茶

粉末緑茶はメリットがたくさんあるお茶です。では逆に、デメリットは・・・

あえて言うなら劣化しやすいことでしょうか。(あくまでも個人的な意見ですが・・・)
特にデメリットはないと言ってもいいくらいに、粉末緑茶にはメリットがいっぱいあります。

そんな粉末緑茶について、順番にご説明します。

混ぜるだけ、お茶を淹れるのが簡単

粉末緑茶は茶葉をまるごと粉末にしたお茶です。なのでお茶を淹れるときはインスタントコーヒーのように、粉末緑茶とお湯を混ぜるだけです。

粉末緑茶でお茶を淹れる手順は、

  • 湯呑みを用意
  • 湯呑みに粉末緑茶を入れる
  • お湯を注ぐ
  • かき混ぜる

これで出来上がり。
対して急須でお茶を淹れる手順は、

  • 急須と湯呑みを用意
  • 茶葉を急須に入れる
  • 急須にお湯を注ぐ
  • 時間をおいて抽出する
  • 湯呑みに注ぐ

両者の違いはまず、茶葉で淹れるお茶の場合、急須を用意しなければなりません。これに対して粉末緑茶は急須が要りません。

次に、茶葉のお茶はお湯を注いでから時間を置いて成分を抽出するので、淹れるまでにそれなりの時間が掛かります。対して粉末緑茶ならお湯を注いで混ぜるだけ。簡単に作れてすぐ飲めます。

急須でお茶を淹れるのと比べれば、かなり簡単にお茶を淹れられることがわかります。

粉末緑茶はとっても簡単に淹れられるお茶なのです。

粉末緑茶

急須が要らないから片付けが楽チン

粉末緑茶でお茶を淹れるときは、お湯と混ぜるだけなので急須が要りません。だから、急須を用意したり使った後に洗ったりする面倒な手間がなく楽チンです。

急須でお茶を淹れることに対して、以前ある方からこんなことを聞いたことがありました。

急須を洗うときに網に茶殻がくっついて、洗っても洗ってもなかなか取れないんですよね。

粉末緑茶の場合は急須を使わないから、こんな想いをすることはありません。急須もいらないし茶殻も出ないから、淹れるのも片付けも楽チンなのです。

茶殻が出ないので生ゴミが出ない

急須でお茶を淹れると、あとには茶殻が残ります。そしてこの残った茶殻は、生ゴミとして捨てなくてはなりません。

以前こんなお話を聞いたことがありました。

仕事のときにお茶を飲みたいんだけど、うちの会社では生ゴミが出せないからお茶が飲めないんだよね。

そんな場合には粉末緑茶がおすすめです。

なぜなら粉末緑茶は、急須で淹れるお茶と違って茶殻が出ないので生ゴミが出ません。

そんなわけで、

会社でお茶が飲みたいと言っていた方も、今では粉末緑茶を会社に常備しているとのこと。そしてお茶が飲みたいときには粉末緑茶を取り出して、サッと作って美味しく飲んでいるそうです。

もちろん、この茶殻が出ない良さは会社だけではなく、ご自宅でも同じですよね。とってもエコでいいことだと思います。

茶葉の風味があって美味しい

この粉末緑茶は、静岡産の茶葉をまるごと粉末にしたもので、そのほかには何も含まれていない無添加のお茶です。

最新の設備で、茶葉の風味を損なわないように加工しています。だから、

お茶の風味と香りがとてもいいんです。

粉末緑茶はあまり美味しくないと思っている方もいるかもしれませんが、この粉末緑茶なら大丈夫。美味しいんです。

そしてこの粉末緑茶は、アルミ製の口がピタッと閉まるチャック式の袋に入っています。お茶が劣化する原因は、

光・水・空気・熱

粉末緑茶は茶葉のお茶に比べて、光・水・空気・熱に触れる面が多くなるので、これらの影響を受けやすい特徴があります。

そこで、このアルミ製で口がチャック式の袋を使うことで、劣化してしまう原因から粉末緑茶を守り、長い間お茶の風味を保つことができます。

だからいつまでも美味しく飲んでいただけます。

粉末緑茶

お茶の成分まるごとだから体にいい

粉末緑茶と急須で淹れるお茶の違い、それは淹れたお茶の中に含まれている、緑茶成分の量です。いったいどれほど違うのでしょうか?

粉末緑茶は茶葉を粉末にしたものだから、お茶の中には茶葉がまるごと含まれていて、カテキンなどの緑茶成分が100%入っています。これに対して急須で淹れたお茶の場合は、30%程度の緑茶成分しか入っていないのです。そのわけは、

お茶を淹れた後の茶殻の中に、約70%もの成分が残ってしまうから

くらべてみると、

粉末緑茶は100%
急須のお茶は30%

この差はかなり大きいですよね。約3倍もあるのです。

お茶の成分が体にいいことは知っていると思いますが、それは急須で淹れたお茶のこと。だとすれば、そのお茶の3倍も緑茶成分が含まれている粉末緑茶が、いかに体にいいのかということがよくわかっていただけると思います。

体にいいなら摂り入れたいですよね

体にいいものは積極的に摂りいれたいとは思いませんか?

今の時代、ガンや心疾患、脳疾患などの病気になる確率はものすごく高くなっています。その原因は、ストレスであったり、食生活であったり、運動不足であったりといったものがあげられますが、それ以外にも大気汚染なども関係しています。

そんな今の時代だからこそ、

体にいいものはなるべく摂り入れたい

とは思いませんか?

お茶に含まれているカテキンなどの成分は、研究の結果、これらの病気に対してものすごく強い力があることがわかっています。そんなお茶の成分を、たくさん体に摂り入れることができるのが粉末緑茶なのです。

緑茶成分の強い力を、体にたくさん摂りいれることは健康のためにとても役に立ちます。

確かに、急須で淹れたお茶も体にいいです。しかし、両者の成分の量にこれ程までに違いがあるのなら、同じお茶を飲むにしても結果は変わってくるはず。同じようにお茶を飲むだけでも、より多く緑茶成分を体に摂りいれられるところは、粉末緑茶のおすすめポイントです。

粉末緑茶

面倒じゃないのがいいんです

そして淹れるのが面倒ではないところも、粉末緑茶のおすすめポイントです。

急須で淹れたお茶はたしかに美味しいです。ただ一番のネックはやっぱり、淹れるのが面倒臭いということではないでしょうか?

お茶は好きだけど淹れるのが面倒・・・
だから急須ではあまりお茶を飲まない

といった方も多いです。

それに飲んだ後にも、茶殻を捨てたり急須を洗ったりと後片付けが面倒。

その点、粉末緑茶は飲みたい時にお湯を注いで混ぜるだけですぐ作れるし、後片付けも簡単です。

粉末緑茶でお茶を淹れてみました

粉末緑茶
  • 粉末緑茶を湯呑みやマグカップに入れます。
  • お湯を注ぎます。
  • スプーンでかき混ぜます。
  • あっという間に温かくて美味しいお茶の出来上がり。

粉末緑茶を入れる量は、ティースプーンの先に少し、1/3から1/4くらいです。

冷たいお茶を作る場合も、同じように混ぜるだけです。空のペットボトルなどのふたが閉まる容器を使えば、シャカシャカ振って簡単にかき混ぜることができます。

簡単にすぐできるから助かっています

粉末緑茶は粉末だからインスタントコーヒのように、お湯と混ぜるだけで簡単にお茶が淹れられます。サッと作ってすぐ飲めるので、朝の忙しい時間にはとても助かります。

もちろん、お水でもお湯と同じように作ることができます。冷たいお茶を作る場合に、わざわざお湯で作ったお茶を冷ます必要もありません。

こんなとき、とっても便利です

たとえば、一度にたくさんのお茶を淹れたいとき。

10人分、10杯のお茶を淹れなければいけないといった場合、急須ではいっぺんに淹れることができません。何回もお湯を注ぎ足さないとならないし、色が出なくなって途中で茶葉を変えないといけません。

しかし粉末緑茶なら、10杯でも20杯でも一気に淹れることができます。

これとは逆に、一人分のお茶を淹れるときも便利なんです。以前こんな話を聞いたことがありました。

一人でお茶を飲む時、急須で淹れるのは面倒だし、それになんだか茶葉がもったいない気がして・・・

確かに、一人分をわざわざ急須で淹れるのは面倒だしもったいない気もします。こんなとき、粉末緑茶があるとすごく便利です。なぜなら、湯呑みに一杯分の粉末緑茶を入れて、お湯を注いで作ればいいだけですから。

それに、少ししてまたお茶が飲みたくなったときにも、混ぜるだけだから面倒ではありません。

農薬の心配は必要ありません

粉末緑茶は茶葉をまるごと体に摂り入れられるから、

農薬の成分が茶葉に残っていないか心配・・・

といったお話を聞いたことがあります。

確かに、言われてみればちょっと気になるところですが、じつは安心なんです。

その理由は?お茶の残留農薬について説明します。

静岡県では年間を通して、無作為に抽出した茶葉を殺虫剤、殺菌剤、殺ダニ剤それぞれが、基準値以下になっているかの調査をしています。そしてこの検査では、これまでに基準値を超えた例は一度もありません。

※基準値は農薬の成分ごとに値が違います。ある成分の場合の基準値は、1ppm(100万分の1の濃度)という、とてつもなく低い値です。その他の成分も同じように、ものすごく低い値となっています。

また当店の提携工場でも、検査機関に依頼して茶葉の検査をして行っています。もちろんその結果も、農薬の成分は一切検出されていません。

だから安心して、この粉末緑茶を飲んでいただけます。

粉末緑茶

粉末緑茶はお財布にも優しい

どれくらいの量を作れるのか?

粉末緑茶は、ほんの少しの量でお茶を淹れることができます。

湯呑み一杯のお茶を作るのに使う粉末緑茶の量は、濃さによって変わりますが、大体0.25gから0.5gくらい。目安としては、ティースプーンで普通に一杯すくうと、だいたい2gくらいです。なので0.5gというとその4分の1、ティースプーンの先で軽くすくったくらいだと思ってください。

下の画像は、左が2g、真ん中が0.5g、右が0.25gの粉末緑茶をティースプーンですくったところです。(正確には量っていません)

粉末緑茶

下の写真の粉末緑茶は、右の一番小さな袋で50g入りです。
では実際に、この50gでどれくらいのお茶が作れるのでしょうか?

粉末緑茶

例えば、粉末緑茶を0.5g入れて、ちょっと濃い目にお茶を作った場合を考えてみます。

その場合、右の一番小さな粉末緑茶50g一袋で、

湯呑み100杯分

のお茶を淹れることができます。

500mlのペットボトルに冷たいお茶を作るなら、だいたいティースプーン一杯の粉末緑茶でペットボトル一本のお茶を作ることができます。ティースプーン一杯が大体2gくらいなので、この粉末緑茶50g一袋で作れるお茶の量は、500mlのペットボトル25本分です。

そして、この粉末緑茶50g一袋のお値段は500円なので、

ペットボトル一本当たり20円

濃さによって変わるので、もっと濃くした場合には淹れられる量は少なくなりますが、それでもかなりの量のお茶を淹れることができます。

また、自分で濃さを調節できるのもありがたい特徴です。

まとめると… 粉末緑茶はこんなお茶

  • 簡単だからお茶をいれるのが苦になりません
  • 急須を洗う必要もゴミを捨てる必要もないから楽チン
  • 面倒な生ゴミの処理がないのは、すごく楽でいいです
  • 風味と香りがいいのが特徴、美味しいのはやっぱり嬉しい
  • 飲むだけですごい量の緑茶成分を体に摂りいれられます
  • お茶の力を無駄なく摂りいれることでメリットがいっぱい
  • 飲みたくなったらストレスなくすぐ作れるから便利です
  • 急須で何回も何回もいれる煩わしさがありません
  • 美味しいお茶を安心して飲んでいただけます
  • たくさん作れるから経済的にも助かります

簡単・美味しい・体にいい、粉末緑茶

いかがでしたでしょうか。

簡単、美味しい、体にいいメリットいっぱいの粉末緑茶。実際に使ってみると、すごく簡単なのでとても助かります。

また、毎日のお茶として粉末緑茶を飲めば、カテキンをはじめとしてお茶の成分をたくさん体に摂り入れることができるので、間違いなく健康のためにも役立ちます。

あなたも簡単で美味しくて体にいい粉末緑茶を、いつものお茶として飲んでみてはいかがでしょうか?

粉末緑茶のページへ

粉末緑茶